出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 首実検のために、敵の首をのせる台。

  1. 江戸時代、獄門の刑に処された罪人の首をのせて、人々の目に晒 (さら) した台。獄門台。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉