出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. あまだれ。

    1. 「簷端 (のきば) を繞 (めぐ) る―も何と無く物凄じく」〈鉄腸・花間鶯〉

  1. 軒の雨だれが落ちる所。

    1. 「坊主が秘蔵の水瓶を、―の石に打ち当ててうち割りて置きつ」〈沙石集・八〉