出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ四]
  1. 雲の中に隠れる。くもいがくる。

    1. 「渡る日の暮れぬるがごと照る月の―・るごと」〈・二〇七〉

  1. 貴人の死ぬことをたとえていう語。

    1. 「ももづたふ磐余 (いはれ) の池に鳴く鴨を今日のみ見てや―・りなむ」〈・四一六〉

[動ラ下二]
  1. 1に同じ。

    1. 「月も―・れぬるを」〈堤・逢坂越えぬ権中納言

  1. 2に同じ。

    1. 「などて君―・れけむかくばかりのどかに澄める月もあるよに」〈栄花・玉の飾り〉

  1. 心が晴れ晴れしない。

    1. 「日の光あまねき空の気色にも我が身一つは―・れつつ」〈金葉・雑上〉

[補説]上代は四段活用。