出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 雲で空が覆われている状態。気象用語としては雲量が9以上、視程1キロ以上で、降水や雷のない状態の天気をいう。

  1. 透明なものや光をよく反射するものなどが、曇ってぼんやりすること。また、その状態。「眼鏡の曇り」

  1. 気持ち、また表情などが、明るさを失って沈むこと。わだかまりがあること。

    1. 「満面の―は拭 (ぬぐ) い消されなかった」〈魯庵社会百面相

  1. 公明でないこと。うしろぐらいこと。「雲りなき身」