出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 平安時代、諸国の国衙 (こくが) で公文書を扱った役所。

  1. 平安時代、院・摂関家・寺院・荘園などで、主に所領・年貢の事務を執った所。

  1. 鎌倉時代、幕府の政務を扱った役所。のち、政所 (まんどころ) の一部局となり、文書のみを取り扱った。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉