出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]くら・し[ク]
  1. 光が弱い。光が少なくて、物がよく見えない。「辺りが―・い」「―・い夜道」⇔明るい

  1. 色彩が黒みがかった感じである。くすんでいる。「―・い緑色」⇔明るい

  1. 気持ちが晴れ晴れせず、沈み込んでいる。また、人にそのような印象を与えるさま。「―・い気分」「―・い世相」「表情が―・い」⇔明るい

  1. 不幸な感じである。また、人に触れられたくない事情がある。「―・い過去をもつ」

  1. その事について希望がもてない。期待できない。「見通しが―・い」⇔明るい

  1. その方面・分野のことに知識が乏しい。不案内である。「地理に―・い」「事情に―・い」⇔明るい

  1. 物事を判断する能力がない。愚かである。

    1. 「―・き人の、人をはかりて、その智を知れりと思はん、さらに当たるべからず」〈徒然・一九三〉

  1. 文化がまだ発達していない。未開である。

    1. 「時―・きに鍾 (あた) れり」〈神武紀〉

  1. 不足している。不十分である。

    1. 「我が韃靼 (だったん) は大国にて、七珍万宝―・からずと申せども」〈浄・国性爺

[派生]くらさ[名]

出典:青空文庫

出典:gooニュース