出典:デジタル大辞泉(小学館)

リトアニア西部の港湾都市。バルト海とクルシュー潟湖に面し、ネマン川河口に近く、同国唯一の海港を擁す。13世紀半ばにリボニア騎士団がクライペダ城を築き、ハンザ同盟に加盟して発展。ドイツ語でメーメルブルクまたはメーメルと呼ばれた。20世紀までプロイセン領。独立後にリトアニアに編入されたが、ドイツ領、ソ連領を経て、1991年のソ連からの独立により、主権を回復した。近郊には世界遺産(文化遺産)に登録されたクルシュー砂州や、海岸保養地のパランガニダがある。