出典:デジタル大辞泉(小学館)

ガラスのうち、塩基性成分がアルカリおよびアルカリ土類であるもの。ソーダガラスカリガラスなど。フリントガラスに比べ屈折率分散能が小さい。窓ガラスを作る際に球状(クラウン状)に吹いて広げたことから名づけられた。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉