出典:デジタル大辞泉(小学館)

《動詞「く(来)」(カ変)のク語法》来ること。

「夜のほどろ出でつつ―度 (たび) まねくなれば我が胸切り焼くごとし」〈・七五五〉