あまてらす‐おおみかみ〔‐おほみかみ〕【天照大神/天照大御神】 の意味

  1. 日本神話で、高天原 (たかまがはら) の主神。伊弉諾尊 (いざなぎのみこと) の娘。太陽神であり、また、皇室の祖神として伊勢神宮の内宮に祭られている。大日孁貴 (おおひるめのむち) 。あまてるかみ。
  • あまてらす‐おおみかみ〔‐おほみかみ〕【天照大神/天照大御神】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・「勝ちさびに天照大御神の営田の畔離ち溝埋め、また大嘗きこしめす殿に屎まり散らしき」というのも噴火による降砂降灰の災害を暗示するようにも見られる。

      寺田寅彦「神話と地球物理学」