出典:デジタル大辞泉(小学館)

古くからの乗馬競技。2頭または数頭で、一定の距離を競走して勝敗を争う。奈良・平安時代には宮中儀式の一つともされた。特に、賀茂の競べ馬は有名。きそいうま。きおいうま。駒競 (こまくら) べ。競馬 (けいば) 。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉