出典:デジタル大辞泉(小学館)

宮中の局 (つぼね) の名。清涼殿の近くというが、正確な位置は不明。

「つれづれなる昼つかた、―の方を見やれば」〈讃岐典侍日記・下〉