出典:デジタル大辞泉(小学館)

新第三紀の前半の火山活動で形成された火山岩や火砕岩 (かさいがん) が、変質して緑色を呈するもの。緑色凝灰岩 (りょくしょくぎょうかいがん) 。