出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 天人が着て空を飛ぶという、軽く美しい衣。

    1. 「天人の中に持たせたる箱あり。―入れり」〈竹取

  1. 天皇が大嘗会 (だいじょうえ) などの祭事で沐浴 (もくよく) するときにつける湯かたびら。