くり‐まんじゅう〔‐マンヂユウ〕【××頭】 の意味

  1. 栗あん、または蜜漬けの栗をまぜた白あんを皮で包み、上面に卵黄を塗ってつやよく焼き上げた和菓子。 秋》
  • くり‐まんじゅう〔‐マンヂユウ〕【××頭】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 一個百二十円の栗饅頭を売っている大阪の闇市場だ。

      織田作之助「大阪の憂鬱」

    • ・・・午後四時の間食には果物、時には駿河屋の夜の梅だとか、風月堂の栗饅頭だとかの注文をします。

      梶井久「臨終まで」