出典:デジタル大辞泉(小学館)

三種の神器の一。日本神話で、素戔嗚尊 (すさのおのみこと) が出雲国の簸川 (ひのかわ) 上流で八岐大蛇 (やまたのおろち) を退治したときに、その尾から出たという剣。のちに、熱田神宮に祭られる。別称、草薙剣 (くさなぎのつるぎ) 。→草薙剣

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉