出典:デジタル大辞泉(小学館)

Abbaye de Cluny》フランス中東部、ブルゴーニュ地方、ソーヌ‐エ‐ロアール県の村クリュニーにあったベネディクト会修道院。10世紀初め、アキテーヌ公ギョーム1世が創設。11世紀に修道院の俗化に対抗する改革運動の中心地となったことで知られる。12世紀当時、キリスト教建築の最大の規模を誇り、ブルゴーニュ派ロマネスク様式の傑作とされたが、フランス革命などで荒廃し、現在は遺構がわずかに残るだけとなっている。