出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ワ五(ハ四)]

  1. 精神の正常な調和がとれなくなる。気が違う。気がふれる。「気が―・う」「―・ったようにわめく」

  1. 物事・機械の働きや状態が正常でなくなる。「時計が―・う」「音程の―・った歌声」「歯車が―・う」

  1. ねらい・見込みなどが外れる。予測・計画通りにならない。「手元が―・う」「見通しが―・う」

  1. 物事に異常に熱中して見さかいがつかなくなる。おぼれる。「かけ事に―・う」「女に―・う」

  1. (他の動詞の下に付いて)普通の程度を越えて激しく動き回る。ひどく…する。「踊り―・う」「荒れ―・う」

  1. 神霊・もののけが取りついて、普通ではない行動をする。神がかりになる。

    1. 「こは物に―・はせ給ふか」〈宇治拾遺・一五〉

  1. 激しく動き回ったり、舞い踊ったりする。

    1. 「ひとへに死なんとぞ―・ひける」〈平家・四〉

  1. ふざける。じゃれつく。

    1. 「あれ御亭 (ごて) さん、―・ひなんすな」〈洒・遊子方言

出典:青空文庫

出典:gooニュース