出典:デジタル大辞泉(小学館)

山城国宇治郡山科村(今の京都市山科区)の地名。稲荷山の東麓にあたる。
京都市北区の鷹峰 (たかがみね) の東、西賀茂のあたりにあった地名。[歌枕]
    1. 「春も見る氷室のわたり気を寒みこや―の雪のむら消え」〈経信集〉

[補説]は現在「くりすの」と読む。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉