(くるま)を摧(くだ)・く の意味

  1. 白居易「新楽府・太行路」から》人の心が変わりやすく頼ることができないことを、けわしい路で車が破損することにたとえた語。