出典:デジタル大辞泉

悲しみと喜び。「人生の哀歓を共にする」