• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あい‐がん〔‐グワン〕【哀願】 の意味

  1. [名](スル)事情を述べて相手の同情心に訴え、ひたすら頼むこと。「助命を哀願する」
  • 名詞
  • あい‐がん〔‐グワン〕【哀願】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・それがどうも口にこそ出さないが、何か自分たち一同に哀願したいものを抱いていて、しかもその何ものかと云う事が、先生自身にも遺憾ながら判然と見きわめがつかないらしい。

      芥川竜之介「毛利先生」

    • ・・・クサカは相変らず翻筋斗をしたり、後脚を軸にしてくるくる廻ったりして居るのだ、しかし誰もこの犬の目に表われて居る哀願するような気色を見るものはない。

      著:アンドレーエフレオニード・ニコラーエヴィチ 訳:森鴎外「犬」

    • ・・・と亡母を念じて、己が身辺に絡纏りつつある淫魔を却けられむことを哀願しき。

      泉鏡花「妖僧記」