出典:デジタル大辞泉(小学館)

フランス中南部、オーベルニュ地方、ピュイ‐ド‐ドーム県の都市。同県の県都。古くからオーベルニュ地方における経済、文化の中心地として発展し、現在は工業が盛ん。1095年、ローマ教皇ウルバヌス2世が十字軍の結成を提唱したクレルモン公会議が開催されたことで知られる。旧市街には12世紀建造のロマネスク様式ノートルダム‐デュ‐ポール大聖堂、13世紀から14世紀にかけて建造されたゴシック様式ノートルダム‐ド‐ラソンプシオン大聖堂をはじめとする歴史的建造物が残っている。哲学者パスカルの生地。

[地理/外国地名/西ヨーロッパ]カテゴリの言葉