出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、銭差 (ぜにさし) に通した銭九六文を百文として通用させたこと。また、その九六文の銭。くろく。くろくびゃく。→丁百 (ちょうびゃく) 

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉