出典:デジタル大辞泉(小学館)

古墳時代の腕飾り。碧玉 (へきぎょく) 製で、鍬の刃の形に似る。権威の象徴あるいは宝器と推定され、西日本の古墳にみられる。