出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 都道府県の区・市以外の町村を包括する区画。明治11年(1878)府県の下の行政区画とされ、同23年の郡制によって地方自治体として認められたが、大正12年(1923)廃止。現在は単に地理上の区画。

  1. 律令制での行政区画の一。国の下に位し、郡司が管轄した。この下に郷・里がある。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[社会/政治]カテゴリの言葉