出典:デジタル大辞泉(小学館)

律令制で、国司の下でを治めた地方官。大領少領主政主帳の四等官からなり、主に国造 (くにのみやつこ) などの地方豪族が世襲的に任ぜられた。また、特に長官の大領をいう。こおりのみやつこ。