出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「阿弥陀の光」は、阿弥陀如来の御利益 (ごりやく) 》仏様の御利益も賽銭 (さいせん) の多寡で決まるの意で、金の威光の大きさをいう。地獄の沙汰も金次第。阿弥陀も銭ほど光る。