出典:デジタル大辞泉(小学館)

大乗経典。浄土三部経の一。1巻。402年ごろ、鳩摩羅什 (くまらじゅう) が漢訳。釈迦阿弥陀仏西方浄土をたたえて、その名号 (みょうごう) を唱えて浄土に往生することを勧め、諸仏がこれを証したと説くもの。小経。