出典:デジタル大辞泉(小学館)

日本語をローマ字でつづる方式の一種。標準式日本式とを折衷したもの。昭和12年(1937)内閣訓令として示達。昭和29年(1954)廃止され、内閣告示によって訓令式新表が定められた。第一表と第二表とがあり、前者は訓令式つづり方による本則を表し、後者は標準式・日本式つづり方による許容を表す。→ローマ字綴 (つづ) り