出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. あることを教え、継続的に練習させ、体得させること。「きびしい訓練にたえる」「訓練して生徒を鍛える」

  1. 能力・技能を体得させるための組織的な教育活動のこと。「職業訓練」

[用法]訓練・[用法]練習――「訓練(練習)を積む」などでは相通じて用いられる。◇「訓練」はある技術について教え込み、身につけさせることだが、「練習」は自らが繰り返したり、工夫したりして技術の向上をはかることをいう。「教官は練習生に対して訓練を開始した」「よく訓練された盲導犬」「短距離走のスタートの練習をしている」などの「訓練」「練習」は互いに置き換えることはできない。◇類似の語に「稽古 (けいこ) 」がある。「稽古する」は「練習する」の意、「稽古をつける」は「訓練する」の意で、主に武術、芸事などに関して、「寒稽古に励む」「お茶の稽古に通う」などと用いる。

出典:gooニュース

出典:青空文庫