出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. そのものがもつ要素や傾向。また、それが感じられる状態・気配。「火の気」「血の気」「泣き上戸の気がある」

  1. そのものから発して、その存在を感じとらせるもの。気体状のもの。におい。味など。

    1. 「東おもての朝日の―いと苦しければ」〈かげろふ・下〉

  1. それを感じられる心の状態。気分。心地。

    1. 「恐しき―も覚えず」〈・夕顔〉

  1. 気候。天気。

    1. 「―を寒み葦 (あし) の汀 (みぎは) もさえぬれば流ると見えぬ池の水鳥」〈和泉式部続集

  1. 病気。

    1. 「脚の―起こりて」〈落窪・三〉

  1. (多く「気が付く」の形で)産気。

    1. 「今朝から―がつきて、今日生まるるとて」〈浮・胸算用・二〉

[接頭]
  1. 動詞・形容詞に付いて、なんとなく、漠然としたなどの意を表す。「気おされる」「気だるい」

  1. 主として形容詞、時に動詞・形容動詞に付いて、ようすが…であるという意を表す。「気おそろし」「気うとし」「気あなどる」「気ざやか」

[接尾]名詞・動詞の連用形、形容詞・形容動詞の語幹などに付いて、そのようなようす・気配・感じなどの意を表す。名詞に付く場合、「っけ」の形になることも多い。「人気」「飾りっ気」「商売っ気」「食い気」「寒気」「いや気」