出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 網の糸と糸とのすきまの部分。あみめ。

  1. 網のように編まれた模様や形。「網の目のタイツ」

  1. 細かく張り巡らされているもののたとえ。「網の目のように運河が広がる」「電線を網の目のように張り巡らす」「捜査の網の目をかいくぐる」「網の目のような電脳空間」