出典:デジタル大辞泉(小学館)

哲学で、認識の源泉をもっぱら経験に求める立場。F=ベーコンロックバークリーヒュームなど、17~18世紀のイギリス経験論が代表的。経験主義。