出典:デジタル大辞泉(小学館)

古代の鎧 (よろい) の一。革や金属からなる細長い札 (さね) とよぶ板を韋緒 (かわお) で横につなげ、これを縦に韋緒や組糸で数段おどしつづけ、胴体の前後を覆って防御としたもの。騎射戦用の鎧として用いた。衛府 (えふ) の武官の料として平安時代以後には儀仗 (ぎじょう) 用となった。かけよろい。うちかけよろい。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉