出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「史記蘇秦伝から》大きな団体で人のしりについているよりも、小さな団体でも頭 (かしら) になるほうがよい。