出典:デジタル大辞泉(小学館)

《センサス(census)は全数調査の意》経済構造統計を作成するために、総務省・経済産業省が共同で行う調査。5年ごとに実施される。→事業所母集団データベース

[補説]全産業分野の経済活動の状況を同一時点で網羅的に把握するためのもので、「経済の国勢調査」ともいわれる。国内に存在する事業所や企業の捕捉を目的とする基礎調査と、売上や費用などの経理項目に重点をおく活動調査の二つがあり、個人経営の農林漁業や家事サービス業、外国公務に属する事業所を除くすべての事業所・企業を対象に行われる。第1回の基礎調査は平成21年(2009)7月1日、活動調査は平成24年(2012)2月1日に実施された。