けいざん‐じょうきん〔‐ゼウキン〕【瑩山紹瑾】 とは

  1. [1268~1325]鎌倉後期の曹洞宗の僧。越前の人。諡号 (しごう) 、仏慈禅師・常済大師。永平寺孤雲懐奘 (こうんえじょう) について得度、ついで徹通義介に師事し、その法を継いだ。能登に総持寺を開き、永平寺とともに曹洞宗の二大本山とした。著「伝光録」「瑩山和尚清規 (しんぎ) 」など。