出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「けし」の音変化》

  1. 親王家・内親王家・摂関家および三位以上の家に置かれ、家政をつかさどった職。いえづかさ。

  1. 鎌倉・室町幕府の政所 (まんどころ) に置かれた職員。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉