出典:デジタル大辞泉(小学館)

正しい思考の構造および過程を、思考の内容を捨象してもっぱらその形式・法則の面から取り扱う学問。一般に、アリストテレスに始まり中世を通じて演繹 (えんえき) 的論理学の体系としてまとめられた伝統的論理学をさすが、現代では記号論理学をもさす。