出典:デジタル大辞泉(小学館)

Defence Line of Amsterdamアムステルダムを取り囲む防衛施設。市街を取り囲む半径15~20キロメートルの環状の堤防を築き(総延長約135キロメートル)、そこに45の要塞を築いたもの。1920年完成。有事には水門を開き、堤防の外側3~10キロメートル幅にわたって深さ1メートル近くまで浸水させ、敵を防ぐ仕組みとなっていた。1996年、世界遺産(文化遺産)に登録された。

[世界史/ヨーロッパ・南北米史]カテゴリの言葉