出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「易経」繋辞上から》

  1. 形をもっていないもの。

  1. 哲学で、時間・空間の形式を制約とする感性を介した経験によっては認識できないもの。超自然的、理念的なもの。⇔形而下

出典:青空文庫