出典:デジタル大辞泉(小学館)

《古くは「あいぎょう」》

  1. にこやかで、かわいらしいこと。「愛嬌のある娘」「口もとに愛嬌がある」

  1. ひょうきんで、憎めない表情・しぐさ。「愛嬌たっぷりに話す」

  1. 相手を喜ばせるような言葉・振る舞い。「愛嬌をふりまく

  1. (多く「御愛嬌」の形で)座に興を添えるもの。ちょっとしたサービス。座興。「ご愛嬌に一差し舞う」「これもご愛嬌。へたな歌でも一曲」

[補説]あいぎょう(愛敬)2」が清音化し、キャウ・キョウの区別が失われたのち、意味に対応して「嬌」の字が近世以降に当てられるようになった。
[用法]愛嬌・[用法]愛想――「愛嬌」は、あるものに備わった、かわいらしさ、ひょうきんで憎めないようすを表しているのに対し、「愛想」は、「愛想がよい」「愛想笑い」などのように、人にいい感じを与えるために示す態度や動作である。◇「愛嬌」は「愛嬌のある顔」のように、その人にもともと身についたものをいうことが多いが、「愛想」は、「お愛想を言う」のように、意識的な動作や態度をいう。◇したがって「愛嬌(愛想)のない人」のように相通じて用いられることもあるが、「愛想が尽きる」とはいっても、「愛嬌が尽きる」とはいえない。

出典:青空文庫

出典:gooニュース