出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「塩鉄論」水旱 (すいかん) から》降る雨が静かに土を壊さずしみ込む意から、世の中がよく治まっているさまをたとえていう。