出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「荘子」天下の「甚雨 (じんう) に沐い、疾風に櫛り、万国を置 (た) てたり」から》雨や風に身をさらす意で、苦労することのたとえ。櫛風沐雨 (しっぷうもくう) 。