けいせい‐こうい〔‐カウヰ〕【形成行為】 の意味

  1. 権利、権利能力または包括的な法律関係を設定・変更・消滅させる行為。行政庁が行う公務員の任命や公法人の設立など。