出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1640~1701]江戸前期の国学者・歌人。摂津の人。俗姓、下川。高野山で修行して阿闍梨 (あじゃり) 位を得る。晩年は大坂高津の円珠庵に隠棲。下河辺長流の業を継いで「万葉代匠記」を完成、国学発展の基礎を築いた。他に「古今余材抄」「勢語臆断」「和字正濫鈔」「漫吟集」など。