けいちょう‐こばんきん〔ケイチヤウ‐〕【慶長小判金】 の意味

  1. 江戸幕府発行の金貨。慶長6~元文3年(1601~1738)通用。慶長小判。