出典:デジタル大辞泉(小学館)

頸動脈の分岐部に動脈硬化が発生して血管の中が狭くなり、脳血流量の減少や脳梗塞の原因となる疾患。脳血流量が減少すると立ちくらみやめまいなど、脳梗塞を起こすと意識障害言語障害片麻痺・知覚傷害・視覚障害などの症状があらわれる。

[補説]狭窄は、血管の壁が硬くなる動脈硬化により引き起こされる。狭窄の程度は、NASCETとよばれる測定法により計算される。軽度(30~49パーセント)の場合には自覚症状がない場合もある。狭窄の程度が強い場合は、頸動脈内膜剝離 (はくり) 術や頸動脈ステント留置術により血管を広げ、脳梗塞を予防する。頸動脈狭窄症は欧米人に多いとされてきたが、食生活の変化により日本でも増えている。