• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

けい‐れき【経歴】 の意味

  1. [名](スル)
  1. 今まで経験してきた仕事・身分・地位・学業などの事柄。履歴。「経歴を偽る」
  1. 実際に見聞きしたり体験したりすること。経験。
    • 「凡 (およ) そ前日来―した事を問われる儘 (まま) に、はっきり答えた」〈鴎外・最後の一句〉
  1. 年月を経ること。年月の過ぎ去ること。「百余歳の星霜を経歴す」
  1. ある地域内をめぐり歩くこと。
  • 名詞
  • けい‐れき【経歴】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・老人は、それから、手短に、自分の経歴を話した。

      芥川竜之介「仙人」

    • ・・・が、地方としては、これまで経歴ったそこかしこより、観光に価値する名所が夥い、と聞いて、中二日ばかりの休暇を、紫玉はこの土地に居残った。

      泉鏡花「伯爵の釵」

    • ・・・ここで暖かに心が解けると、……分かった、饂飩で虐待した理由というのが――紹介状をつけた画伯は、近頃でこそ一家をなしたが、若くて放浪した時代に信州路を経歴って、その旅館には五月あまりも閉じ籠もった。

      泉鏡花「眉かくしの霊」